ウィーンフィルハーモニー舞踏会

最初のウィーンフィルハーモニー舞踏会は、1924年3月4日に開催され、その準備期間はわずか8週間という短いものでした。舞踏会は、財務収支と社会的魅力の両面で、あらゆる期待に応え、大成功を収めました。

この伝統ある舞踏会は、今日までに70回以上開催されてきました。開催当初より、それにふさわしい会場は、1870年から創設されたウィーン楽友協会ホールです。それはオットー・デッソフの指揮による、1870年11月3日の初の定期演奏会から始まり、ウィーンフィルハーモニーはその伝統的なニューイヤーコンサートと伝統的な舞踏会のホームグランド、「黄金ホール」を見いだしたのです。
作曲家であり指揮者であったリヒャルト・シュトラウスは、この目を見張る舞踏会に貴賓を迎えるためのファンファーレを作曲しました。このファンファーレは、6本のトランペット、8本のホルン、6本のトロンボーン、2本のチューバと2台のティンパニで演奏されます。

ご存じでしたか…

この舞踏会は、オーケストラの慈善団体の資金集めのために開催されていたことをご存じでしたか?今日までこの慣習は続いているのです。

リヒャルト・シュトラウス ― ウィーンフィルハーモニーファンファーレ2010年