グスターフ・マーラー

あなたは、現在グスタフ・マーラー(1860-1911)の世界に入ろうとしています。彼は非常に勤勉な音楽家で、指揮者としてだけでなく宮廷オペラの監督として、さらに作曲家としても成功を収めました。

ここでは至る所に木があることがなぜなのか、不思議に思われるかもしれません...これらは、憩いとエネルギーの源としての森と自然を表しています 。それは、マーラーの音楽作品のインスピレーションの源でもありました。このため、彼は夏の別荘のすべてに、自然に囲まれた自分だけの作曲のための小屋を造りました。すぐそばの木の幹の展示をご覧ください:別荘があった場所は、シュタインバッハのアム・アターゼー、ヴェルター湖畔のマイアーニク、南部チロルのトブラッハです。自然、湖、そして森は、彼の故郷であり、心を休める場所でした。花と鳥たちに囲まれ、自分自身と彼の音楽に心ゆくまで向き合うとき、彼は彼の宇宙の中にあり、孤独でありながら喜びに包まれていました。そして、彼は心のなかからあふれ出る音楽を書いたのです。マーラーはかつて、湖にはそれ自身の言葉があって、彼と話をしているのだと言っていました:「それを聞くことができれば、音楽は頭の中からあふれだします」

彼は、この感覚を交響曲に取り入れようとしていました。彼は聴衆に「音と響きに包まれようとしている大宇宙を想像してください。もはや人間の声はなく、太陽とそのまわりを巡る惑星のある宇宙を思い描いてほしいのです」と望んでいました。それは、合計858人の歌手と171人のオーケストラ・メンバーが1910年に初演した交響曲第8番、別名「1000人の交響曲」がマーラーが表現したものだったのです。マーラーの交響曲は、その真の意味で前例がないものでしたが、その音楽は革命的な響きがあるものでした。彼は19世紀の構成スタイルを保ちながら、限界を越えてそれを推し進めたのです。

彼が変えたものは、オペラの興業の慣習でした。マーラーは、尊大な歌手と気まぐれで享楽的な観衆という19世紀の慣習に終止符を打ちました。ワグナーのバイロイト祭で奮起したマーラーは、オペラハウスでの日々のレパートリーにもバイロイト祭の精神をもってのぞみ、聴衆を教育することを仕事としました:遅れてきた観客は、劇の休憩まで入場はできず、そして、注意をステージに集中させるために、客席の照明は真っ暗になり、オーケストラピットのライトは暗くなり、さらに音楽を最優先にするためにセレブ的な行動は中止されました。あらゆる人が音楽のために行動しなければなりませんでした。音楽作品がステージの中心にあり、「今後、音楽は気晴らしではなく、意識の焦点とならなければなりません」といわれたのです。

グスターフ・マーラーは、したがって、ウィーン国立オペラ座で最も重要な監督のうちの一人であり、そしておそらく史上で最高の監督でした。マーラーは、仕事を得ることを強く望み、そのために彼のすべてのつてを戦略的に使うだけでなく、ユダヤ教からカトリック教に改宗さえしました。彼は、20才で彼の指揮者としての活動を始めました。地方で数年間を過ごした後、プラハ、ブダペストでオペラの監督としての実績を積み、ハンブルグを経て、彼の経歴のハイライトとなるウィーン宮廷オペラの指揮者に就任しました。ウィーンでは、マーラーはコンサート指揮者としても名声を得ました。そして、1898年からウィーンフィルハーモニー定期演奏会を指揮していました。しかし、残念なことに、彼はオーケストラと良い関係を築くことなく、3年後に勇退することになりました。

宮廷オペラでの仕事を失った経緯には、陰謀がありました:彼の革命的なオペラに対する抵抗はいまだ根強く、またマーラーがめったにウィーンにいなかったという批判は事実でした。その後、彼はオペラのキャリアを望みませんでした;彼はアメリカに渡り、オーケストラ指揮者としてのみ活動を行いました。

ご存じでしたか…

マーラーは、時代の寵児だった女性と結婚していました。彼女の名前はアルマ・シンドラーといい、マーラーより19才年下で、有名な画家カール・モルの義理の娘でした。アルマはとても優秀な女性で、人々に愛されており、16才で名高い画家グスタフ・クリムトと恋に落ち、「ファム・ファタル(運命の女性)」としての評判を得ていました。

交響曲第4番、第1楽章 中庸の速さで、速すぎずに

レオナルド・バーンスタイン指揮、ウィーンフィルハーモニーの演奏