ツァイトペルレン – virto|stage

特別なオペラの一部として参加しませんか!音楽、歌とイメージの世界が、完全な芸術作品として融合します。あなた自身のボディーランゲージで、両腕による大きなジェスチャーや小さな運動が、楽曲の上演になります。

グローバルにユニークな装置には、次の超一流のチームのサポートを得ています:メディア・アーティストのヨハネス・ドイッチュ、音楽プロデューサーのニック・クレメンス・プロコプ、ウィーンフィルハーモニーのソプラノ歌手、ナターリア・ウシャコヴァとインタラクション・デザイナーのステファン・シルヒャー。どうぞこの装置の詳細パンフレットをお受け取り下さい。

ツァイトペルレンの内容

情景は、歌手のガラス張りのベランダで展開します。オペラ公演の翌朝、セレステは彼女の家のベランダの上に立っています。まだ夢に浸ったまま、彼女の考えが、窓からの眺めに混ざっていきます。夜明けの曙の光は、窓ガラスを透します。ベランダは、想像上の劇場のステージになって、徐々に広がっていきます。
歌手の考えは、たちまち映画のように動き始めます。彼女は、心の中で夕べのオペラをもう一度演じています。セレステは「ドン・ジョヴァンニ」の演技とスポットライトの光を見て、音楽を聞きます。拍手の記憶が彼女の感情を圧倒して、興奮を呼び覚まし、睡眠から目覚めます。心臓の音で、セレステは自分が演じる役と、そして、歌のパートナーにどれほど力強くひきつけられて、心を奪われるか気づきます。2人の歌手の間の舞台裏でのラブ・ストーリーと、舞台にも舞台の外にも登場するドン・ジョヴァンニの物語の登場人物は、セレステの考えを夢うつつの世界へ運んでいきます。
望みは膨らみ、彼女はドラマチックな彼女のストーリーをたどり始めます。
セレステはもはやベランダからは見えないように見えます;万華鏡のように、イメージはその目の前で彼女の記憶の中を渦巻きます。ドン・ジョヴァンニの顔が至る所でかすかに光ります、ベランダは彼の顔になり、彼の顔が空間に充ちています。セレステは魔法に掛けられたようにとらわれ、彼女のベランダの窓ガラスはイメージで満たされます。
記憶は彼女を旅へと誘います。「ドン・ジョヴァンニ」、「さまよえるオランダ人」とオヴィディウスの「変身」の情景が、現れては混ざります。海への旅は、難破に終わります。セレステは、彼女の声の素晴らしい響きで、夢の世界のイメージと場面をコントロールし、静めることができるでしょうか?

ツァイトペルレン: メイキング (Making of)