声の海

ここでは、「最も個性的な楽器」である人の声に触れることができます。手の掌で、青いシンボルに触れてみてください。

声音海洋

左端奥にある柱は、有声音と無声音の子音の音を再生します。時計回り方向に続けてください。次の音の柱では、人間の声が出せるさまざまな音を視覚化しています。最後の音の柱は、口の形が変わるとき、何が起こるかについて解説しています。人の声は、信じられないほど広い範囲の音を出すことができます。

ご存じでしたか…

大人には声帯が2つあり、これらは1cmの長さの円筒形の筋肉です。

音を生みだす方法からみたとき、人間の声は、管楽器グループに分類することができます。横隔膜、肺、そして気管は、呼吸器系の重要な構成要素です。これらが音を生み出すために必要な空気を、喉頭の発声器官まで送り届け、喉頭で気流が2つの声帯を振動させます。口蓋、口と副鼻洞が共鳴の働きをし、これらの振動を拡大します。口とのどは、音と調音に関係する声帯の複雑な筋肉の動きに密接な関わりをもっています。