建物の歴史について

この建物は、かつて旧オーストリア=テッシェン公国のカール 大公(1771-1847)の宮殿でした。カール大公は、1805年に、この宮殿に移り住みました。

16世紀、この場所にはオーストリア帝国の国営の鋳造所があり、大型銃の製造などが行われていました。1603年、ルドルフⅡ世(1552-1612)は、この土地をオーストリア帝国軍付きの秘書だったハインリッヒ・ニカールに与えました。1707年、この場所には、ヨーゼフⅠ世によって、今日のオークション会場、ドロテウムの前身となった質屋と競売所が設立されました。1720年~1730年にかけて、この建物は、ヨハン・ルーカス・ヒルデブラントらの建築家によって改築されました。1788年に カール 大公がこの建物を取得し、ルイス・ヨーゼフ・モントイヤー(1749-1811)の手で、1801年から1804年にかけて、宮殿として改築されました。1817年には、この宮殿で カール 大公の息子アルブレヒトが誕生しました。アルブレヒトは、軍の指揮官としても名高い人物となりした。1841年から1847年にかけては、この宮殿には、ウィーン フィルハーモニー の創始者で作曲家でもあったオットー・ニコライが住んでいました。19世紀の終わり頃には、シーナの司令官ジーモン・ゲオルク(1783-1856)が、この土地と建物を所有しました。

1872年には、ザイラーシュテッテを臨むバロック風の 外観 と、格子のバルコニーが増築され、1965年には、この宮殿は国際文化センターと学生寮に改築されるとともに、さらに小劇場が加わりました。最後の改修が2000年に行われ、この建物は「音楽の家(ハウス・デア・ムジーク)」として、音響博物館の本館となりました。

ご存じでしたか…

カール 大公の妃、アンリエット・フォン・ナッソー-ヴェイルブルグ(1797-1829)が、この宮殿に、ウィーンで初となるクリスマス・ツリーのうちの1本を飾りました。アンリエット大公妃は、祖国ドイツの慣習を懐かしみ、1816年にウィーンの宮廷で初めてのクリスマス・ツリーを、この宮殿に飾りました。そして、これが今日までオーストリアで愛され続ける伝統の始まりとなったのです。