有名な作曲家たち

有名な指揮者や作曲家と、ウィーンフィルハーモニーの数々な芸術的なコラボレーションの例が、4つのキャビネットで展示されています。コーナーフィルハーモニーの舞台裏を知ることができます。

作曲家ヨハネス・ブラームス、アントン・ブルックナー、リヒャルト・シュトラウス、ハンス・プフィッツナー、フランツ・シュミット、アーノルト・シェーンベルク、アルバン・ベルクとアントン・ヴェーベルンの展示を通して、歴史的なこの部屋では、オーケストラの過去と現在の活動をよみがえらせ、オーストリアの音楽の伝統についてご紹介しています:
名高いコンサートツアーの詳細、オーケストラ賞、有名な指揮者の指揮棒や、その他の記念すべき事物が、世界で最も有名なオーケストラの業績への理解を深めてくれます。そして、オーケストラの持つ国家および国際的な名声への理解にもつなげてくれることでしょう。
1873年のブルックナーによる交響曲第二番の初演時プログラムや、ブラームスの使っていた眼鏡、リヒャルト・シュトラウスの1864年6月1日手紙なども展示されています。

ブルックナーの交響曲第九番 – 2nd Movement

1978ヘルベルト・フォン・カラヤンイン指揮、ウィーンフィルハーモニーの演奏、楽友協会にて。